パフォーマンスの向上

アレクサンダーテクニークが発声の問題に有効である理由

名古屋駅と東岡崎駅にてアレクサンダーテクニークを伝えている
講師のhikitakeです。(プロフィール)

このページでは
アレクサンダーテクニークが

発声の問題や声のパフォーマンス向上に期待ができる理由
なるべく分かりやすく解説していきます。

この記事を最後まで読んでいただくことで

アレクサンダーテクニークが

  • 発声の問題に有効な理由
  • 声のパフォーマンス向上が期待できる理由
  • 他の症状にも有効な理由

などがざっくりと分かるようになります。

そして
最後まで読んでいただいた方にはある特典があります!
どうぞ最後まで一読くださいませ。

アレクサンダーテクニークとは?

この記事を見ている方はアレクサンダーテクニークについてある程度理解されている方かと思いますが、

以下がアレクサンダーテクニークの簡単な説明になります。

アレクサンダーテクニークとは?
  • 余分な筋肉の緊張を解消する技術。
  • 楽で有利な身体の使い方を覚える技術。
  • 骨を重力に対して正しく立てる技術。
  • 三大ボディワークの1つ。
  • 体操やヨガ、ストレッチ、整体、マッサージではない。
  • 触れる程で姿勢・身体動作を改善する技術。
  • 普段と有利な状態での身体の使い方を比較しその差に”気づき”、修正するのが主なレッスン内容。
  • 気づかなかった習慣や癖を変える技術でもある。
  • 教育でもある。
  • ソマティックエデュケーションの一つ。
  • 認知療法でもある。
  • マインドフルネス要素がかなりある。
  • 呼吸を深めることができる技術。
  • アレクサンダー氏が100年以上前に開発し広めた技術。
  • 世界の音楽・芸術大学の授業で取り入れている。
  • 多くの著名人も取り入れている。
  • リハビリテーションでもある。
  • 様々な不調が解消される可能性が高い。
  • 自己調整法・セルフヒーリングである。
  • 生涯にわたり自分で身体を癒すことができる。

アレクサンダーテクニークについて詳しく知りたい方は「アレクサンダーテクニークとは?」をお読みください。

アレクサンダーテクニークの
ポイントを2つに絞るとしたら以下になります。

  • 身体の姿勢や行動の誤解に気づき、余分な筋肉の力を抜く
  • 骨を立たせ体に負担のかからない綺麗でラクな姿勢を作る

この二つを習得することで

発声の問題や声のパフォーマンス向上が期待できます。

発声の問題や声のパフォーマンス向上に期待ができる理由

アレクサンダーテクニークを開発した
F.M.アレクサンダー氏は舞台俳優として活躍していましたが、

声が不調になり、思うように声が出せなくなりました。

その声の問題を解決した方法として
アレクサンダーテクニークが広まりました。

F.M.アレクサンダー氏は「呼吸の人」とも呼ばれており、

呼吸や発声、喉の詰まりに悩みを抱えている多く方がアレクサンダー氏を訪ねました。

アレクサンダーテクニークは
身体の筋肉の余分な緊張を解消する技術でもありますが、

筋緊張をなくすことが
発声の問題解消、声のパフォーマンス向上に繋がります。

以下、アレクサンダーテクニークが
声の問題に効果的だと考えられる理由ですが、一つずつ解説していきます。

ATが声に効果的な理由
  • 声帯を含む喉周りの筋緊張の解消
  • バルサロバ操作や癖への気づきと修正
  • 世界的な大学でも採用

声帯を含む喉周りの筋緊張の解消

アレクサンダーテクニークとは
普段気づかない筋肉の緊張をなくす技術でもあるため

アレクサンダーテクニークを習得すると

筋肉の緊張からの解放

されます。

そのため
喉の緊張を緩められるようになります。

吃音と咽喉頭筋・声帯について

声の問題で代表的なのが

吃音が挙げられます。

吃音において咽喉頭筋の筋活動を見た研究(Freeman,Ushijima 1978)で吃っているときの方が
咽頭に力が入り過ぎていることがわかっています。

参考:エビデンスに基づいた吃音支援入門

また喉頭の声帯の動きを直接見た研究(Conture 1977)では
連発性吃音は60%、伸発性吃音は28%、難発性吃音においては100%

声門閉鎖(声帯が内転)していることがわかっています。

参考:エビデンスに基づいた吃音支援入門

医学博士で吃音ドクターと言われる菊池良和先生の著書「エビデンスに基づいた吃音支援入門」でも

喉の力を抜いて柔らかく声を出す軟起声を教えるだけでも

吃音のある人に十分に役立つのである。

と述べています。

上記のことからも
声の問題は、咽喉頭筋・声帯と大きく関係します。

吃音ではなくても
咽喉頭筋・声帯の締め付け具合により

詰まったり、掠れたり、届かない、力む
といった声の問題が発生することは大いに考えられます。

頭の重さが喉に負担をかける

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

姿勢動作調整師@東岡崎orオンライン(@yogi_hikitake)がシェアした投稿

アレクサンダーテクニークでは
頭の位置が重要視されています。

人間の頭は体重の10%もあるため、数センチでも動けば、
頸椎や喉を含む首周りの筋肉にかなりの負担がかかります。

また筋肉は孤立しているように見えて、
筋膜という膜で包まれているため繋がっています。

そのため
頭の位置を重要視し、喉を含める身体の筋緊張を緩めるアレクサンダーテクニークは

声の問題において効果的であると考えられます。

そして余分な筋肉の緊張をなくすことで、

響く声が出るようになったり、
感情が乗りやすい声になったりと、

声のパフォーマンスの向上が期待できます。

バルサロバ操作や癖に気づき修正できる

緊張改善アレクサンダーテクニーク

アレクサンダーテクニークは
緊張や行動に”気づき”修正する技術です。

緊張していることへの”気づき”が第一段階であり、

”気づく”ことで”緩める”行動へ移せるようになります。

バルサルバ操作とは

バルサルバ操作とは?

バルサルバ反射、バルサルバ手技、バルサルバ法ともいいますが、

息を止めて、力むことです。

声帯が閉じられ、同時に腹筋群を収縮させるで胸腹腔内圧が高まる操作のことで、

重いものをもったりするときに「ん!」とする操作です。

声を専門にする歌手や声優の方、
一般の方も含め、

無意識でバルサルバ操作をしている方が多い印象です。

上記の通り、バルサルバ操作では喉を詰めるため
この状態では声のパフォーマンスが落ち、
発声に問題が起きます。

バルサロバ操作はかなり無意識レベルで行われているため、
”気づき”が非常に重要になります。

また声の問題の代表的な吃音の原因について、

ビル・パリー (Bill Parry)氏は、
バルサルバ反射が一部の吃音の原因という
バルサルバ仮説を立てています。

バルサルバ仮説が正しければ、
バルサルバ操作を止めることでどもりや喉のつまりは解消されることになります。

バルサルバ操作を止める方法

バルサルバ操作を止めるには
口を開け「ふぅ」「はぁ」など
息を吐くことが有効です。

そのため、
バルサルバ操作に”気づく”ことができれば、
吐くという行為に移せます。

私のレッスンでは
アレクサンダーテクニークの中でも
息を吐くことも重要視する
青木式アレクサンダーテクニークを採用しており、

バルサルバ操作に気づけるレッスンを多く用意してあります。

ただし姿勢が悪い状態だと、腹筋群や首の筋肉の緊張を強めてしまうため

アレクサンダーテクニークで
姿勢や動作も修正していくことで、
日常で身体を含め喉の緊張を最小限にしていきます。

世界的な著名学校で採用している技術

声のパフォーマンスが向上すると認知されている理由の一つが

アレクサンダーテクニークの開発者
F.M.アレクサンダー氏はもともと
朗読家・舞台俳優だったこともあります。

自身の声の問題を解決した経験が
世界に広まり100年以上続く技術となりました。

そのため音楽や芸術の世界で一定の認知度があり
著名な学校ではカリキュラムに取り入れられています。

取り入れてる学校一覧
  • 英国王立演劇学校
  • サンフランシスコのアメリカ・コンサバトリー・シアター
  • ジュリアード音楽院
  • ギルドホール音楽院
  • バークリー音楽院
  • 東京芸術大学の音楽科
  • 大阪芸術大学のダンス科

など

著名人も習得した技術

著名な大学での採用や100年以上続くため
著名な俳優やミュージシャンも採用しています。

アレクサンダーテクニークを受けた著名人
  • ジョージ・バーナード・ショー
  • オルダス・ハクスリー
  • エイドリアン・ボールト
  • ヘンリー・アーヴィング卿(俳優)
  • リリー・ラングトリー(俳優)
  • ハーバード・ビアボーム・トリー(俳優)
  • ノーベル医学生理学賞の受賞者チャールズ・シェリントン卿
  • 解剖生理学者E,コグヒル卿
  • ジョン・クリーズ
  • ポール・ニューマン
  • マギー・スミス
  • ポール・マッカートニー
  • デイリー・トリプソン
  • リンフォード・クリスティ
  • ジョンマッケンロー

など

著名人や世界的な大学での採用していることを踏まえても
声のパフォーマンスの向上が期待できると言えます。

注意点とまとめ

どんな治療法でも100%断言するのは難しいのと同様に

アレクサンダーテクニークにおいても
声の問題が100%解消されるとは言えません。

しかし、ここで書いた以下の理由により

ATが声に効果的な理由
  • 声帯を含む喉周りの筋緊張の解消
  • バルサロバ操作や癖への気づきと修正
  • 世界的な大学でも採用

発声の問題の解消パフォーマンスが向上できる可能性は高いと考えられます。

最後に

アレクサンダーテクニークが
発声の問題の解消やパフォーマンス向上したい方のためになれば幸いです。

今後も一人でも多くの方に
アレクサンダーテクニークが
お役に立ちますよう心よりお祈り申し上げます。

愛知県にお住まいの方は
名古屋駅・東岡崎駅徒歩5分
当アレクサンダーテクニーク教室をご検討いただければ幸いです。

レッスン概要を見る

最後まで読んで頂いた方へ!

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

最後まで読んで頂いた方への特典です。

特典

体験レッスン予約の際に「記事を見ました。」と一言つけると

  • 脱力できる魔法の3ステップ資料(3万円相当)

プレゼントになります。

この特典は人数に限りがあり、

上限に達し次第
予告なしで終了になります。

是非お早めにご予約ください。

↓毎月3名限定(お一人様1回限り)体験レッスン↓